PROFILE
吉田智則
ヨシダ トモノリ
俳優/声優/ナレーター/自転車旅人。東京都生まれ。
時には声優、ある時は舞台俳優
またある時はDJ、ナレーター、 はたまたボイスティーチャー、演劇講師と様々な顔を持つが、その実態は自称猯洪有瓩亮転車オタク。 自宅に5台ものロードバイク、MTB、ピスト、アレックスモールトンを抱え、 今日も爛汽廛薀ぅ梱瓩魑瓩瓠都内を疾走する(失踪ともいう)。

アニメ◇『弱虫ペダル』
ドラマ◇『ER 緊急救命室』
MC◇『NHK衛星アニメ劇場』
アニメ◇『陰陽大戦記』
実況◇『Jsportsサイクルロードレース』
ナレーション◇
『自転車動画シクロチャンネル』

cranq-bana
akapera-bana
cyclo-bana
                          
TWITTER
CATEGORIES
ARCHIVES
只今のカピバラさん
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
                     
RECOMMEND
                     
BOOKLOG
SPONSOR
<< 円満スウィーツ | main | 予想してみる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
サルガドをみる

どうしても見ておきたかった写真展へ。

アフリカ

フォト・ドキュメンタリーの先駆者としても知られている写真家、
セバスチャン・サルガド(Sebastiao Salgado)の『アフリカ』展。


サルガド
エチオピア空軍のミグ戦闘機からの機銃攻撃を避けるために夜通し歩き、
カレマ キャンプに到着した何千人もの難民たち。
ディレク州西部・エチオピア 1985


はじめて、この写真を見たのは数年前。
雑誌をパラパラめくっているときにフト目がとまった。
いや、引き寄せられた。

最初は牾┃瓩世隼廚辰拭
なんだかやけに迫力のある、でもとても静謐な、絵。
よくよく見たら写真だった。
そのとき初めて、爛札丱好船礇鵝Ε汽襯ド瓩箸い写真家の名を知った。

干ばつ、貧困、飢餓、難民化、児童労働、
伝染病、内戦、大量虐殺、民族衣裳、
裸の人々、砂漠、偉大な自然……
犖捨てられた大陸瓠張▲侫螢の現実。

牾┃瓩と思った写真は、たしかに一見牾┐里茲Δ豊疊しい。
降り注ぐ光がどこかシンとしていて、まるで宗教画のように厳かな佇まいがある。
だけどよく見れば、そこにいるのは疲れ切った人々。誰もが打ちひしがれている。

目の前に広がる世界から目をそむけずに、焦点がブレることなく撮られた写真。
あまりにも異なる世界の光景に、おのれの感覚を補正することが難しい。

モノクロから溢れる生々しすぎる狎賢瓩法感動と言うよりもむしろ何かを吸い取られるくらい体力を消耗する。

圧倒的な生と死、美しい構図。
戦禍に翻弄される人々。
災害に成すすべがない人々。
それでも誇り高くある人々。
鋭い眼差しに射ぬかれる。

サルガドは単に悲惨な現状を写しているだけではない気がする。
どの写真も厳かで静謐で、カメラを見据える赤ん坊にさえ威厳がある。
たぶんそれはきっとサルガド自身が彼らに対して、敬うような気持ちを持っているから。
だからこそ、こんな敬虔な祈りにも似た写真が撮れるのかも知れない。

写真を撮るとは、被写体の存在を強く焼き付けることだと感じた。

見た!

笑ってるけど、けっこうヘトヘト(笑)

デカイ! 

セルフタイマーで撮ろうとしたら傾いた。
これも今日のボクの真実。まぁ、よし(笑)

こんどの日曜日まで、恵比寿の写真美術館にて。

ボクのような拙い文章ではとても彼の写真とその背景を説明できないので、
この写真に惹かれた方は、ぜひ。この機会をお見逃しなく。

ココロの体力のある時にね。


セバスチャン・サルガド アフリカ
会場:東京都写真美術館 2階展示室
会期:2009年10月24日(土)から12月13日(日)まで
観覧:一般 800円/学生 700円/中高・65歳以上 600円
時間:10時00分から18時00分まで(木・金は20時00分まで)
入館は閉館の30分前まで
休館:毎週月曜日

| MUSEUM | 13:46 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:46 | - | - | pookmark |
コメント
こんにちは!
私もこういった写真展、興味あります。
写真から、様々な『感情』などを感じますね。
サルガド、初めて知りました。教えて下さってありがとうございます。
吉田さんは時間を上手に使っていますね!!
凄いなぁ。
そういう意味では東京は選択肢が広がって羨まし〜い・・・
絵画もいいけど、写真はよりリアル度が違いますよね!!
ぜひ行ってみたくなりました!!
| ZIP☆ | 2009/12/09 3:30 PM |
NHKの日曜美術館で特集していたのを見ました。
すごく見に行きたいと思ったけど、美術館であの作品群と立ち向かえるパワーが自分にはないと思って観に行っていないんです。でももう一度見たくて、テレビの再放送を見てしまいました。
テレビではサルガドさん本人が写真を撮るにあたっての姿勢などを話していて、圧倒されました。
吉田さんの何かを吸い取られそうという感覚、分かります。
考えさせられるというより、ただただ圧倒される写真ですよね。
会期中に、ぜひ行ってみたいと思います。
背中を押して下さって、ありがとうございます!
| アイバ | 2009/12/10 2:43 AM |
なんかすごいですね〜。
初めて白黒写真できれいって思ったかも。

なんか、カラー写真じゃダメなんだろうな、っていう感じ。

ぜんぜん写真のことは分からないけど、ファンタジーみたい。モチーフのせいかな。日本にいてアフリカの内戦とか飢饉をリアリティを持って感じるなんて不可能なこと。
だからどんなに写真に悲惨な状況が写っててもファンタジーとしか見れない。きれいに撮ってるしね。

そう思ってしまう自分に、色々思うんだろうな。

素敵な作品を知ることができました☆
| HANAKO | 2009/12/10 2:49 AM |
凄い興味津々です!
| みかん | 2009/12/10 2:27 PM |
こんばんは、吉田さん。

 この写真を見ていて、沢田教一さんの写真を思い出し
ました。色彩が無いモノクロ写真だから、尚
隠された何かが迫ってくるような気がします。
| あさりん | 2009/12/10 10:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tomo-weblog.jugem.jp/trackback/958
トラックバック