PROFILE
吉田智則
ヨシダ トモノリ
俳優/声優/ナレーター/自転車旅人。東京都生まれ。
時には声優、ある時は舞台俳優
またある時はDJ、ナレーター、 はたまたボイスティーチャー、演劇講師と様々な顔を持つが、その実態は自称猯洪有瓩亮転車オタク。 自宅に5台ものロードバイク、MTB、ピスト、アレックスモールトンを抱え、 今日も爛汽廛薀ぅ梱瓩魑瓩瓠都内を疾走する(失踪ともいう)。

アニメ◇『弱虫ペダル』
ドラマ◇『ER 緊急救命室』
MC◇『NHK衛星アニメ劇場』
アニメ◇『陰陽大戦記』
実況◇『Jsportsサイクルロードレース』
ナレーション◇
『自転車動画シクロチャンネル』

cranq-bana
akapera-bana
cyclo-bana
                          
TWITTER
CATEGORIES
ARCHIVES
只今のカピバラさん
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
                     
RECOMMEND
                     
BOOKLOG
SPONSOR
<< 密会 | main | 春眠アカツキヲオボエズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ブルーベリーな夜

今日は長いです(笑) スゲーひまなときにお読みくださいませ。

久しぶりに、この先の人生の色んなタイミングで何度も見返したくなるような映画に出会いました。
公開時は観に行けなくて、DVDで観たんですが・・・・・

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」

My Blueberry Nights 

「恋する惑星」、「欲望の翼」、「2046」等のウォン・カーウァイ監督が、全編英語で撮ったラブストーリー。

まずこのポスターにやられます。ジュード・ロウとノラ・ジョーンズの逆さキス。

正直、ストーリーなんてどうでもいいんです(笑)
ボクはウォン・カーウァイ信者なので、はっきり言って脚本なんか関係ありません。
でも、きっと脚本なんてクソくらえ! と思える素敵な映像です。

画面いっぱいにまさにウォン・カーウァイワールド!
ペインティングされたウインドウ越しの映像、得意の早回し、スローカット、音楽の使い方、映像の色合い。
「恋する惑星」のセルフカバーというか、アメリカ版という感じで、ファンとしては嬉しい限り。

初の全編英語と言われても、全く違和感なし。
スッと、カーウァイワールドに引き込まれていきました。

映像を通しての、距離や時間の表現、そして、それにプラスされる音楽が絶妙です。
そう、音楽のセンスの渋さにしびれまくりなんです!
渋いな〜と思ったら、やはりライ・クーダーが音楽の全面監修でした。
なるほどー納得。
ロード・ムービー系の映画には、ライ・クーダーの音楽が本当によく似合います。
砂漠の「パリ・テキサス」しかり、キューバの「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」しかり。

さて音楽といえば、
ノラ・ジョーンズが今作のために書き下ろしたというブルージーな主題歌が、冒頭のウォン・カーワァイ映像ワールドから滑り出した瞬間に、ハートわし掴みで、もっていかれてしまいます(笑)。

冒頭からいきなり、歌と映像の美しい結実。
ノラの低い歌声も、NYダウンタウンの深夜営業のカフェの雰囲気にピッタリ。

一気にノラ・ジョーンズのファンになりました。
物語の中でノラがブルーベリーパイをモリモリ食べるんですが、「かもめ食堂」を観てシナモンロールにはまるように、ブルーベリーパイを食べたくなること請け合いです。
ボクはブルーベリーチーズケーキアイスを食べながら観ました(笑)

「欲望の翼」のマギーとレスリーしかり、「恋する惑星」のフェイとトニーしかり、
そして今回の「マイ・ブルーベリー・ナイツ」のノラとジュードしかり、
カーウァイ映画の主人公は、どうもカウンター越しに出会うらしい。

「ブルーベリー」は深い紫色をしています。
紫は赤色と青色を合わせて生まれる色。
赤い情熱のジュード・ロウと、もの静かなブルーのノラ・ジョーンズの想いが溶け合って、ブルーベリー色になってしまうんですね(笑)。

観た後、きっと胸一杯に満開の愛の花畑が広がるはずの1本です。
おススメ。

| CINEMA | 03:05 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 03:05 | - | - | pookmark |
コメント
その花畑へ行くためにまずはブルーベリーの入っている
食べ物を用意して・・・。小学生からの親友が映画好きで
恋する惑星と欲望の翼は強制的に見ましたが、
風景がやけに切なかった気がしました。
(記憶が最近は怪しくて・・・間違ってたら御免なさい)
借りてみますね。

| あさりん | 2009/03/25 12:33 AM |
あっ、これまだ観てないです!!
私も、ウォン・カーウァイ監督作品が大好きです(*^-^*)
やっぱり、あの独特の色彩と、音楽と、不思議な感覚にとらわれる世界観が、何ともいえないくらい素敵ですよね。
時々「?」と思う場面があって、それで何度も見かえしてしまうという・・・
早くこの映画も観なければ!!
| べび | 2009/03/25 10:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tomo-weblog.jugem.jp/trackback/775
トラックバック