PROFILE
吉田智則
ヨシダ トモノリ
俳優/声優/ナレーター/自転車旅人。東京都生まれ。
時には声優、ある時は舞台俳優
またある時はDJ、ナレーター、 はたまたボイスティーチャー、演劇講師と様々な顔を持つが、その実態は自称猯洪有瓩亮転車オタク。 自宅に5台ものロードバイク、MTB、ピスト、アレックスモールトンを抱え、 今日も爛汽廛薀ぅ梱瓩魑瓩瓠都内を疾走する(失踪ともいう)。

アニメ◇『弱虫ペダル』
ドラマ◇『ER 緊急救命室』
MC◇『NHK衛星アニメ劇場』
アニメ◇『陰陽大戦記』
実況◇『Jsportsサイクルロードレース』
ナレーション◇
『自転車動画シクロチャンネル』

cranq-bana
akapera-bana
cyclo-bana
                          
TWITTER
CATEGORIES
ARCHIVES
只今のカピバラさん
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
                     
RECOMMEND
                     
BOOKLOG
SPONSOR
<< ジャイアントロボ。 | main | だから役作りなんだって >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
止むに止まれず!
ちわっ! 友人、知人の舞台をハシゴするのが楽しみな最近の吉田です。

今日は中野の劇場MOMOに3LDKの舞台を観に!
友人の大原やまとクンが主宰している演劇ユニットです。

『止むに止まれず!』
3LDK

初めての再演作品ということでした。

演劇にとって、“再演”というのはある意味新作とは違うツラさが伴うものです。

映画やドラマを何度も見るのとは違います。
同じ台本、キャストだったとしても、また一から創りあげなくてはいけません。しかし新作のような初雪の上に初めての一歩を踏み出す初々しさや不安はない代わりに、越えなければならない“大きな壁”が存在するのです。

ボクらの『パパ・アイ・ラブ・ユー』もそうでしたが、大抵の再演は評判が良かったからもう一度公演するわけで、その作品に対して“過去の成功”という甘い蜜を経験してしまっています。
「前の公演ではこうだった」「あの時はこうした」「ココを褒められた」…評判が良かった舞台ならなおさらです。創る側には以前の栄光を振り返ってしまう瞬間があって、その“過去の成功した自分”が今回越えなければならない壁となって立ちはだかるのです。
観る側にとっても、「あの公演はオモシロかった!」という記憶が時間の熟成を経て増幅され、とても甘美でやっかいな先入観として幕が上がることになるのです。

だから、役者の中には再演を嫌うヒトもいます。
でもボクは思うんです。
記録に残らない演劇だからこそ、観た人の記憶にしか残らない芝居というメディアだからこそ、良い作品は再演されるべきだと。
戯曲は記録に残りますが、どんなに良い戯曲でも、その時のキャスト、スタッフ、観客の幸せな出会いがなければ見るも無残な公演へと堕ちていきます。舞台というメディアは、その公演が行われている瞬間瞬間に名作や傑作が創られていき、それはもう2度と観ることも再現することもできないものなのです。だからボクは晩年まで『女の一生』を演じ続けた杉村春子さんを尊敬します。公演した文学座とそれを観ていた観客を尊敬します。杉村さんの、常に過去の自分の栄光と闘い続けた女の一生を、役者としてスゴイと思います。そしてその公演を共有した周りの環境に憧れるのです。

あ、話がそれました。3LDKです(笑)
なんども宣言しておりますが、好きなんですっ! この3LDK!
前回の『止むに止まれず!』も観ていますが、とても進化していたのがまず嬉しかった!

“男勝りな女”ではなく“男まざりな女”のお話(笑)
多くは語りません。観て絶対ソンはない舞台だと思います。
日曜日までやっているので、お暇な方はいかがですか?

3LDK↓
http://3ldk.luck.jp/index.html
| PLAY | 23:36 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - | pookmark |
コメント
こんばんわ。
「パパ・・」面白かったです!!こんなにこんなに笑ったお芝居は初めて!というくらい笑いました(><)
キャストの皆さんの絶妙な間に感動しました。レズリーの
ボニー先生への愛☆も溢れてましたね♪♪♪
最高に素敵な2時間でした。ありがとうございました。
| ろみ | 2007/11/26 11:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック