PROFILE
吉田智則
ヨシダ トモノリ
俳優/声優/ナレーター/自転車旅人。東京都生まれ。
時には声優、ある時は舞台俳優
またある時はDJ、ナレーター、 はたまたボイスティーチャー、演劇講師と様々な顔を持つが、その実態は自称猯洪有瓩亮転車オタク。 自宅に5台ものロードバイク、MTB、ピスト、アレックスモールトンを抱え、 今日も爛汽廛薀ぅ梱瓩魑瓩瓠都内を疾走する(失踪ともいう)。

アニメ◇『弱虫ペダル』
ドラマ◇『ER 緊急救命室』
MC◇『NHK衛星アニメ劇場』
アニメ◇『陰陽大戦記』
実況◇『Jsportsサイクルロードレース』
ナレーション◇
『自転車動画シクロチャンネル』

cranq-bana
akapera-bana
cyclo-bana
                          
TWITTER
CATEGORIES
ARCHIVES
只今のカピバラさん
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
                     
RECOMMEND
                     
BOOKLOG
SPONSOR
<< いさぎよいタイトル | main | 3LDK >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
流されてみる
久しぶりにすごい芝居を観ました。

『フェイドラの恋』
フェイドラ

両国のシアターΧプロデュース公演。
朴さん(ろみさんです)が出演されてて、人に薦められて観たんですが、衝撃的でした。

狂気の性や暴力を描きながら、問題としているのは絶対的な愛と希望。
99年に28歳で自殺したサラ・ケインの翻訳劇、面白いか、面白くないか、好きか嫌いかは別にして、恐らく現代演劇の最先端がココにあります。観てよかった。
去年の映画『ゲルマニウムの夜』を観た後の衝撃に似たものがありました。

正直、人に薦められなければ、絶対観ない系のお芝居でした。
自分の観たいもの、好きだと思うものだけに触れているより、時には流されてみる、押し付けられてみるのもいいものです。自分の枠がすこし壊れるような、必死に守ろうとしている自分と外の境界線がちょっと揺らぐ気がします。

嫌いなもの、敬遠しがちなコト、苦手な人、困難な状況、どんと来い! です。

ボクにはまだまだ、好きなモノだけに囲まれる居心地のよい生活は早いのかも知れません。
| PLAY | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tomo-weblog.jugem.jp/trackback/197
トラックバック