PROFILE
吉田智則
ヨシダ トモノリ
俳優/声優/ナレーター/自転車旅人。東京都生まれ。
時には声優、ある時は舞台俳優
またある時はDJ、ナレーター、 はたまたボイスティーチャー、演劇講師と様々な顔を持つが、その実態は自称猯洪有瓩亮転車オタク。 自宅に5台ものロードバイク、MTB、ピスト、アレックスモールトンを抱え、 今日も爛汽廛薀ぅ梱瓩魑瓩瓠都内を疾走する(失踪ともいう)。

アニメ◇『弱虫ペダル』
ドラマ◇『ER 緊急救命室』
MC◇『NHK衛星アニメ劇場』
アニメ◇『陰陽大戦記』
実況◇『Jsportsサイクルロードレース』
ナレーション◇
『自転車動画シクロチャンネル』

cranq-bana
akapera-bana
cyclo-bana
                          
TWITTER
CATEGORIES
ARCHIVES
只今のカピバラさん
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
                     
RECOMMEND
                     
BOOKLOG
SPONSOR
<< 近藤達郎 | main | さよならハウスシェア >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
HOME
本番前にipodでよく聴いていたのがこの曲。

HOME






HOME 清水翔太
作詞:清水翔太 / 作曲:清水翔太    
 
今更帰れないよ あの場所は 
どんな 素敵な思い出も 
心にしまっておくべきなのさ 
今でも思い出すよ それでいいんだ 
心配ないよ まだ歌えるよ 
いつか帰るよ 僕だけの HOME  
  
急な通り雨 募る苛立ち心に掃き溜め 
あれからいくつの季節を越え 
でもまだ聞こえてくる故郷の声 
格好つけて飛び出した 
別れ惜しむ人達裏切った結果になった 
こんなボロボロの夢 1人じゃどうしようもなかった 
そんな時に出会った人々 
きっと 人はそんなに強くない だから 
嫉妬やエゴに飲まれてしまいそうになるよ 
でもそんな僕を優く抱きしめた悲しくて泣いた 
自分の弱さがそのとき理解った 
でも夢叶った 少しそんな気になった  
  
そして僕はHOMEができた 
まるでマイホームみたいなでかい支えが 
明快に見えた 世界変わった 
息をするのが楽になった 
1秒1秒成長してくみんな 
だから出会えてよかった こうなれてよかった 
だから僕は何もかもを話した 
心安らげる場所誰にでも1つはある筈だよ 
僕は同じ日々生きた仲間達や 
隣にいてくれた恋人や 
それを失ってでも かなえたい夢 
それも失って、でも また思い出させてくれた 
新しい僕のHOMEがここにある でもまだ思い出す  
  
今更帰れないよ あの場所は 
どんな素敵な思い出も 
心 にしまっておくべきなのさ 
今 でも 思い出すよ それでいいんだ 
心配 ないよ まだ歌えるよ 
いつか帰るよ 僕だけのHOME  
  
なかなか寝付けず 
同じ夢繰り返し見てる僕 
あの頃自分を受け入れてくれた場所 全てそれが最初 
払う代償の大小に関わらず 
愛情にはもっと敏感でいたいな 
痛いやって思わせたくないから 
リタイヤなんてさせたくないから  
  
そうやって見つけた生きてく術 
偏見にまみれた常識崩れ 
突付けば壊れそうな程脆くて 
でも何故か笑顔が絶えなくて 
そんな風に思えたのきっと 
初めてで でも惨め けど綺麗で 
何もない空が輝いて 瞬いて 
その瞬間僕らはまた泣いて  
  
今更帰れないよあの場所は 
どんな 素敵な思い出も 
心にしまっておくべきなのさ 
今でも思い出すよ それでいいんだ 
心配 ないよ まだ 歌 えるよ 
いつか帰るよ 僕だけの HOME  
  
これまでを振り返れば 
浮かぶ笑顔や涙 
こんなに震えるほど映し出す 
それが僕自身の未来へ繋がると 
信じている 僕だけの HOME 信じているから  
  
今更帰れないよ あの場所は 
どんな素敵な思い出も 
心にしまっておくべきなのさ 
今でも 思い出すよ それでいいんだ 
心配ないよ まだ歌えるよ 
いつか帰るよ 僕だけの HOME  
  
今更帰 れないよ あの 場所 は 
どんな 素敵な 思い出 も 
心にしまっておくべきなのさ 
今でも 思い出すよ それでいいんだ 
心配ないよ まだ 歌 えるよ 
いつか 帰るよ 僕だけの HOME
| 演劇ユニット3LDK | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tomo-weblog.jugem.jp/trackback/1008
トラックバック