PROFILE
吉田智則
ヨシダ トモノリ
俳優/声優/ナレーター/自転車旅人。東京都生まれ。
時には声優、ある時は舞台俳優
またある時はDJ、ナレーター、 はたまたボイスティーチャー、演劇講師と様々な顔を持つが、その実態は自称猯洪有瓩亮転車オタク。 自宅に5台ものロードバイク、MTB、ピスト、アレックスモールトンを抱え、 今日も爛汽廛薀ぅ梱瓩魑瓩瓠都内を疾走する(失踪ともいう)。

アニメ◇『弱虫ペダル』
ドラマ◇『ER 緊急救命室』
MC◇『NHK衛星アニメ劇場』
アニメ◇『陰陽大戦記』
実況◇『Jsportsサイクルロードレース』
ナレーション◇
『自転車動画シクロチャンネル』

cranq-bana
akapera-bana
cyclo-bana
                          
TWITTER
CATEGORIES
ARCHIVES
只今のカピバラさん
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
                     
RECOMMEND
                     
BOOKLOG
SPONSOR
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
クロニクル、終了です!
終わりました。終わってました、クロニクル。

バリケードの記憶

実は、まだ終わった気がしていないんです。
千秋楽の翌日から、怒涛の仕事ラッシュで、そんなこと考える余裕がなかったのも原因だけど、僕の中でまだ杉村はムラムラと生き続けているようです。

僕は劇場で配られるパンフレットにこう書きました。

燹屬覆失、全共闘なのか?」
そんなことを考えながら稽古場に通った。
それでどうだった?
乱雲を突っ切った風の気分だ。
何を見た? 本当のところ、ワカラナイ。
でも突っ切った手ごたえはある。そしてひとつだけ犂兇犬伸瓩海箸癲
時代の熱狂と自分たちの青春が偶然にも一致した、幸福かつ不幸な
世代だった猗爐薛瓩亘佑燭糎渋紊亮禺圓痢嶌」につながっているんだ。
彼らの暑苦しさに決して負けないように僕は、舞台を駆け抜ける風になる


はたして本当に彼らの暑苦しさに負けないように走り抜けられたのか?
まだわかりません。

舞台作品として冷静に振り返った時、大きな後悔や、やり切れなかった想いが、とめどなくあふれ出してきます。
大きな達成感と共にある、この焦燥感や挫折感・・・・・
今回、この舞台を引っ張っていかなければならなかった立場として、この想いは絶対に忘れてはならないものです。

そんな、僕にとっては未完成の作品でした。
少し言い訳のようですが、それはまるで、未完成の散文詩を完成させようとする風のクロニクルの物語や、まだエピローグのない、表紙に題名も書かれていない虹のクロニクルの物語自体が、そんな犂粟しえない畚斌燭鯒愽蕕辰討い襪らなのかも知れません。

でも、この2009年2月に確実に流れた僕たちの汗の臭さと、爽快さと、行き場のない葛藤の果ての涙の理由は、誰にも否定できない、僕たちの魂の叫びだったんだと断言できます。

風のクロニクルのラストシーン。
11月闘争の場面と同じように、みんなで疾駆しながら叫びます。

「遠くまでいくんだ!」
「あきらめるな! 自分を!」
「もっと伝えたい!」 などなど・・・・・

あれはもともとの桐山襲の台本にはありません。
みんなが事前に叫びたいことをセリフにして、叫んでいます。
きっと一生懸命、精一杯、叫んでいます。

でも、僕は稽古の時から一度も叫びませんでした。声が出なかったから。
決して声が嗄れて出せなかったのではなく、どうしても出なかった。
事前に用意したセリフを叫ぶことが、この芝居のラストシーンとしてナンセンスだと思っていたからです。

叫びたくなければ、叫ばなければいい。

他のども場面も、俳優として絶対にやらなければならない猝魍笋隼纏瓩あるとしても、あの場面だけは、爐修Ψ茲泙辰討い襪ら瓩笋蕕気譴討笋襪里世韻論簑个砲笋瓩茲Δ反瓦棒世辰討い泙靴拭

でも、本番は知らない間に叫んでいました。
なんて叫んだかは自分でも分かりません。
ある回は「もっとだ! もっとっ!!!」だったかも知れないし、またある回は「行くぞぉ〜!!」だったかも知れません。

あれは心の叫びでした。
そこには少しだけ、真実があったような気がしました。

これが僕の、2009年2月の闘争の記録です。

『「風」と「虹」のクロニクル』終了です。
俳優座劇場にいらしてくれた皆様、本当にありがとうございました!
また、どこかでお目にかかりましょう!

きっと、すぐですよっ♪

連帯を求めて
| 東京桜組 | 19:58 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
舞台裏9 打ち上げ!
いよいよ打ち上げですよぉ〜!!

打ち上げ!

すげー。もう誰だかわかんね〜。ボクもいますよ。

荒木真有美さん

橘素子役の荒木真有美さんです。姫です。
あるとき、何気なく「姫さ〜」と呼んだら、俳優座の劇団内でも猊鵜瓩噺討个譴討い襪蕕靴、「なんで知ってんの!?」と・・・だって姫っぽいんだもん(笑)

風のクロニクルのジャンヌ・ダルク。
とにかくその芝居に関するマジさ加減には圧倒させられました。
一生懸命な顔して大変な事をやるのではなく、涼しい顔して、実は誰にもできないことをやり切ってしまっているスゴイ人です。
同年代なのに、久しぶりに狢嵯畢瓩靴討靴泙辰診侏ァ


打ち上げでは久しぶりにかなり飲んで(気がついたらテキーラを2杯一気してました…)
なんだかよく覚えてませんが、しゃべりまくりました。

宴は朝まで続きましたとさ(笑)
| 東京桜組 | 23:56 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
舞台裏8 男子楽屋です
さてさて、今回は楽屋での共演者を紹介〜。

伊東達広さん

狠豊 伊東達広さん。
ここまで年配の方との共演は久しぶりでした。

観た方はおわかりかと思いますが、ボクが演じた「杉村」と伊東さんの「男」は同一人物です。正直、演じていて一番楽しかったのは、杉村の挫折と転落の場面。

伊東さんのモノマネがみんなの間で大流行りでした。
「なんだかよくわかんねぇよ…」のセリフ(笑)
私服がスゴクおしゃれな方でもあります。

とても味のある、素敵な男! です。

前ちゃん!

あ、コレは前ちゃんです。
もう腐れ縁というのはボクと彼の関係を言うのだと思います(笑)

でも、芝居の良いことも悪いことも、お互い解り合っている…そんな関係です。

ヒロです!

メガネの先輩、上田裕之です。
自分が主宰する3LDKの公演が終わってからのギリギリでの稽古参加。
でもきっと、彼がいなければ、本番の舞台裏はもっと大混乱だったにちがいありません。
泥くさくてサイコーな男、それが上田ヒロです。
とりあえず飲みに行きましょう(笑)

なんだかバタバタしてて、全然みんなと写真撮れなかった…。
| 東京桜組 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
舞台裏7 楽屋にて
本番前!

本番前にパチリっ!

衣裳です!

闘争時の衣裳です。印象的な赤旗と!

上演中

本番中に少し楽屋に帰れる時間があります。
その時に衣裳を着替えながらパシャリ!
| 東京桜組 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
舞台裏6 ロビーにて
終演後は俳優座劇場ロビーにてご挨拶させていただきました。

紅美ちゃん

仲良しの佐久間紅美ちゃん。
そういえば、僕が東京桜組に初客演したときのヒロインが紅美ちゃんでした。
またいつか共演したい女優さんです。

永松くん

おぅっ! こちらはヘロQの永松寛隆くん。
エロいです。カッコ良すぎてエロいです(笑)

スタンド花

お花もたくさんいただきました! ありがとうございました!!
| 東京桜組 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
舞台裏5 セットです
舞台セット

これが『「風」と「虹」のクロニクル』の舞台美術です!
美術家、吉野章弘の真骨頂!

風のクロニクルのオープニング。
ボクは積み上げられたバリケードの机の中から取り出した台本を開いて、
その最初のト書きを読み上げます。

犢嗾譴燭襦ー造帽嗾譴燭詆の音 はるか遠くに 何本かの…赤旗

そんな描写にピッタリの風景です。
| 東京桜組 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
舞台裏4 劇場入りです
今回は劇場入りについて!
劇場入りは今回は2月3日だったのかな?
ボクは俳優座劇場、初体験です。ドキドキです〜!

まずオドロイたのが、コレっ!

着到板

楽屋前にある狠綸板
劇場に入った俳優、スタッフは赤い札を黒くしておきます。
カッコイイ〜!!!

吉田到着です

なんかいいよね。
あかぺらでも着到板は存在しますが、ホワイトボードに手書きで役者名が書いてあるだけです…(ノ´_`)

鏡前

楽屋の前にゆっくりしてる間もなく、大道具や小道具の搬入、セット作りにかかりますよぉ〜!!
| 東京桜組 | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
舞台裏3 闘争中!
闘争中!

照明がない稽古場ではこんな感じで闘っていました。
もうみんなマジです。汗だくです。

ボクが演じた杉村は、このシーンの直後に、喫茶店で2人きりのラヴシーンがあるんです。
雪の降る寒い日、男女の別れの場面。

でも、この闘争シーンで疲れきり、しかも汗だく…。
次のシーンで、ヒロインの橘素子を抱きしめた時に、彼女の頭にボクの汗がボトボトボト…(汗)

荒木さん、ホント、ごめんなさい…<(_ _*)>
| 東京桜組 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
舞台裏2 稽古中
コレは稽古中のひとコマ。

稽古中。

そう、風のクロニクル、一番の見せ場の場面、闘争シーンの稽古です。

越光さん

こえ〜!! 越光こえ〜!!
目で殺されます(笑)

走れ!

走りますっ!

藤田さん

アクションの藤田けんさんの指導のもと、ボクたちはボロボロになりながら闘争し続けました…。

ホント、逃走したくなる(笑)
| 東京桜組 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
舞台裏1 立て看板
稽古中、本番中にはみんなにお見せできなかった舞台裏を振り返りながら、紹介していきますね〜!ヽ(^-^ )

まずは、セット作り。
前にも書きましたが、セットにあった「立て看板」を作りにいったんです。

まずはパネルに白い色を塗ります。この白も、ただの白じゃないんだよ!
オフホワイトと、黄色っぽいクリーム色と、グレーを塗り重ねてやっと出来上がるんです。

立て看!

アジテーション文字を書き始めます。

転化せしめよ

猗稟修良雋錣髻”雋錣糧稟修法‥床修擦靴瓩茵

今回のメンバー間で狹床臭瓩少し流行ってました(笑)
「演出越光への怒りを、芝居への情熱に転化しろっ!」(爆笑)

そりゃ責任転嫁だろ!

一点突破

本番セットは、こんな感じで使われました。
| 東京桜組 | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>